HTML5プロフェッショナルレベル1認定試験受験記

【合格】HTML5プロフェッショナルレベル1認定試験受験記

HTML5プロフェッショナル認定試験とは

HTML5と付く名前の試験なのでマークアップだけの試験かと思いきや、Webの基礎知識からJavaScript、セキュリティ、グラフィックアニメーションなど、とても広い範囲からの出題となります。

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が、HTML5,CSS3,Javascriptなど最新のマークアップに関する技術力と知識を、公平かつ厳正に、中立的な立場で認定する認定資格です。

https://html5exam.jp/outline/

認定制度は2段階

こちらの試験は入門編のレベル1とワンランク上のレベル2にわかれています。

レベル1

  • HTML5を使ってWebコンテンツを制作することができる
  • ユーザビリティ・ビジビリティの高いWebコンテンツを設計・制作することができる
  • スマートフォンや車載システムなど、様々なデバイスに対応したコンテンツ制作ができる

レベル2

  • 動的に動作させて高いユーザビリティを実現するリッチユーザインターフェイスアプリケーションを作成することができる
  • マルチデバイスに対応し高パフォーマンスで動作する動的コンテンツを作成することができる
  • システム間連携を行いリアルタイムな情報を提供するアプリケーションを開発することができる
  • スマートフォンなどでネイティブアプリに近い機能を組み込んだ先端のWebアプリケーションを開発することができる
  • APIのセキュリティモデルを理解したうえで開発することができる

学習開始時のスペック

今回学習開始した当時の私のスペックはこちらです。

  • パート主婦
  • 3歳児と1歳児の母
  • 勉強時間は1日あたり平均2時間(寝落ちにより取れない日多々有り)
  • iパス取得したてほやほや
  • HTML/CSSはprogate中級で挫折
  • CSSに対して苦手意識高め
  • 実務未経験

受験の動機2つ

お金をかけずに基本的な知識を付けたかった

web系のお仕事をしていく上で避けては通れないモノは「HTML5&CSS」。そして、初心者が学ぶためには、webスクール、オンライン講座がベストだと思います。しかしお金や時間は、パートしつつ子育てしながら勉強している身だと難しい。そこで、効率的かつ自由に基本的なルールが学べるHTMLについての資格取得を目指す事にしました。

iパス合格後の次のステップにちょうど良かった

1月にiパスを取得したレベルなのであまり難しい資格を目指しても挫折する為、「ちょうどいいレベル」を探しました。
HTTPの基礎も触れている点かつ、初心者に取って広く浅く学ぶにはぴったりだったので割とすんなり決めることが出来ました。(と言うかググったら上の方に出てた)

勉強方法

セミナーに参加した

試験運営団体主催の〈APIを実際に使ってみよう!HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1ポイント解説無料セミナー』@東京〉
に参加して来ました。https://html5exam.jp/news/event/page2927.html

こちらはAPIがいったいどんなものでどのような時に使われているのかをざっくり解説してくれるセミナーでした。そもそもAPIってなに?と言うレベルでも、何となくわかった気になれるような内容で、APIに対する抵抗感が低くなったのと、「頑張れば受かるよ!大丈夫!」と背中を押されてホクホクして帰ってきました。

書籍を利用

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1 対策テキスト&問題集

まずはこちらのテキストが無いと始まりません。
試験範囲を項目別にシンプルに分けて解説してくれています。本屋さんに行っていくつかのテキストと比較しても一番わかりやすかったのがこちらでした。
とはいえ、そんなに深くほり下げて書かれていない項目も多々あり、この一冊だけで全てを理解する事はできませんでした。なお、巻末の模擬試験問題は難易度が少し高めでした。
全然分からない問題もあり、とても焦りましたが、本番試験はそこまで難しい問題は出ませんでした。(よかった)

よくわかるHTML5+CSS3の教科書

お料理のレシピを紹介するような内容ではなく、「みじん切りとは何か」と言ったような、そもそものタグの意味を噛み砕いて説明してくれている本がこちらになります。
上記のテキストで分からない点に関してはこの本で確認しながら学習しました。しかしざっくりとした部分もあり、試験範囲全て網羅しているとは言えませんでした。(普段実務であまり使わないタグに関しても出題されるため、この点に関しては仕方ないと思います)

HTTPの教科書〜強靭な技術力と柔軟な思考を味方にするWebプロトコルの基礎〜

この本はHTTPプロトコルについての問題対策で使用しました。可愛いイラストが散りばめられており、初心者に取ってとてもわかりやすい良書でした。
上で紹介したテキストで解説しているそもそもの専門用語が分からず、理解するまで時間がかかりました。こちらを読んでから、もう一度テキストを読み直すとスッと頭に入ってきました。

HTML教科書 HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 スピードマスター問題集 Ver2.0対応

こちらは全範囲を学習し終わった後に利用しました。一問一答形式ですぐに解説が記載されており、その解説もわかりやすくとても役立ちました。

参考サイト

CSSでわからないところはweb兄さんに聞こう

このサイトではwebサイトの制作・運用について学習中の人に向けに「html・css入門」「ホームページの作り方」「webデザイン」に関連した情報を発信しています。『読者にとって最も信頼できるサイト』を目指してコンテンツを公開していきます。困ったことがあればいつでも”webliker”へ訪れてください。
https://webliker.info/

web兄さんが運営されているこちらのサイトには大変お世話になりました。Twitterで「わからない!」と叫ぶと、何とそこに合わせて記事を作ってくださるという初心者には神様のようなお方でした。合格出来たのも彼のおかげと言っても過言ではありません。

Ping-tで練習問題をやりまくろう

こちらは有料になりますが、HTML5プロフェッショナル認定資格の問題をeラーニング形式で出題してくれるサイトになります。ちなみに私は丸3ヶ月利用しました。そのうち最初の月は上記でも紹介したAPIのセミナー参加特典で無料で使用できたのでちょっとお得でした。

CCNA/CCNP、LinuC(LPIC)、HTML5プロフェッショナル認定資格、OSS-DB、オラクルマスター、ITパスポート、 ITILファンデーション試験の合格を目指す人を応援する学習サイトです。(登録ユーザ数20万人超)
https://ping-t.com/

まとめ

今回の資格の学習期間は1月9日から3月22日までの73日間でした。
この間に子供達の体調不良や、母の入院など学習出来ない日が多々ありましたので実際に勉強した日数でいうともっと少ないと思います。さらに子供達を寝かしつけてそのまま寝てしまったり、保育園が休みの土日祝日はそもそも勉強が出来なかったりしました。(勉強しっかり出来たな、と思っても2時間くらいしか取れなかったりしました。)
なので実際やる気を出せばひと月くらいで受験出来ると思います。色々な理由で忙しい方でもおそらく2〜3ヶ月あれば取得出来る資格となるでしょう。資格取得は自身の強みにもなると思いますし、基礎学習としては良いチョイスだと思います。ぜひ受験してみてはいかがでしょうか。